スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:--:--     スポンサー広告   -  
倒木と、、ロケットストーブ
001
先日の台風で倒れてしまったサクラの木。知り合いの造園屋さんから連絡があり、引き取りに行きました。引取りと言っても人力じゃ運び出せない大きなものがほとんどなのですが、ユニックを出してくれると言うので大丈夫かな、、と。この時期の樹は冬の時期と違い水分も養分もしっかり吸い上げているでしょうから、割れやカビ、腐れなどどうなのかな、とも思いますが、捨てられてしまうのならとの思いがありますので。
根元から折れて倒れてしまったようです。幸い被害はなかったようです。太いところで直径50cm程あります。これを70~90cmくらいに切って現場に置いてあるのですが、もちろん人力で運ぶのは大変です、重いです、、非常に、、、持てないです。
親切にユニックで運び出してうちまで届けてくれました。ありがたいです。早速もう少し細かく玉切りし、ゴロゴロとうらまで運んで、、今日はここまで。

そうしている間に息子にロケットストーブを作ってもらってました。
002
材料は一斗缶と煙突、砂。前々から作ろうと思っていたのですが、材料をわざわざ買うのは、、、とためらっていたところ、ラッキーにも今日、近所の方からこの材料をもらえたので早速製作しました。
このロケットストーブは燃焼効率がよく少ない薪で強い火力が得られるというものです。材料も瓦やレンガ、ペール缶やドラム缶といったもので簡単に作れる為、災害対策用ストーブとして活用されているようです。
砂に埋もれている煙突の周りが断熱されて、煙突内部が高温になり、燃焼効率が高まる。薪ストーブの3倍程度の燃焼効率らしいです。そして燃えた薪からの燃焼ガスがさらに完全燃焼されるのでほとんど煙りがでないということらしいです。
炎を見ながらゆったりと暖まる、その時間を愉しむということではなく、少ない薪で効率よく煮炊きし、暖まる。という使い方ですね。

003
こんな感じです。一斗缶に穴を開け曲がりの煙突を仕込み、砂(断熱材)を入れて完成。この上にレンガなどをおいてやかんをのせたり出来ます。火を入れてみましたがゴーといって炎が立ち上がります。
次回、お湯でも沸かしてみます。

スポンサーサイト
2011-09-25 20:30:39     ●日々のこと    -  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。