スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:--:--     スポンサー広告   -  
平塚市美術館にて
001
用事があって平塚まで行ったついでに平塚美術館へ。
『省三・石橋聖肖展』 『ロビー展 「モノ・黒」樋口健彦の仕事 2005-2010』を観ました。湘南ゆかりの作家ということです。

よかったです、、、。

省三氏は流木に手を加えた彫刻作品です。日本画家、60歳を前に末期がんの宣告、その後アトリエに近い大磯の海岸で集めた流木を使って、彫刻制作に残された時間を費やした・・・そうです。
60歳、余命を宣告され日本画家であるのにそこで彫刻をはじめる、というのはどんな気持ちなのか・・・。
流木自体とても魅力的な造形ですが、そこに手を加える・・・。
カワウソの顔、体を彫刻しベンチのようになっている、、、すごい良かったです。
石橋聖肖氏は彫金作家、とても小さな作品が多かったですがこのサイズがとてもいい、ストーリーを感じさせる作品でした。目を近づけてよく観るとその細かさ、繊細さに魅了され、その作品に引き込まれていく感じがしました。

ちょっと寄ってみた平塚市美術館、いいものを観ました。

2010-12-18 23:56:50     ●日々のこと    -  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。