製材所ふたたび
001
大木です。圧倒されます。先日お邪魔した山口製材さんへ

002
板材、角材にしても大きい。彫刻で使われる楠が主です。

003
直径1.5、6mぐらいあります。これから彫刻されていく材です。これまた、でかい、、、。

004
この間見つけたサクラの端材(端材といってもかなりの厚板)を製材してもらいました。奥の茶色い箱のようなものが帯ノコ。下にレールと車輪が見えますが、この木が乗っている台車ごと帯ノコに向かって進んでいきます。

005
半分に挽いてもらいました。
所々割れが入っているので大きなものは作れませんがうまく木取りをすれば色々使えます。

006
素直な木目じゃありません。面白いですね。

また色々楽しいお話を聞き、、、色々勉強になります。

で、「近くにサクラを製材しているところがあるからよってみな」ということで寄ってきました。こちらでは径30cm位のサクラの丸太を製材していました。旋盤加工用に角材にしているということでした。こちらでも色々教えて頂きました。色々対応もしてくれるようです。

で、
「となり、ろくろを挽いてる伝統工芸士だよ。」
といって案内してくれました。
作業場でお話を伺い、、、お勉強させて頂きました。

次から次へと色々収穫のある日でした。




2011-03-03 21:56:01      木工   -