スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:--:--     スポンサー広告   -  
修理品
001

修理の依頼もあります。

今回は手あぶり火鉢と貝のスプーンの柄。

火鉢は四方の板が反り分解してしまったものを反りを直し補強してもう一度組み直しました。古いモノのようですが接着のみで組んでいたので接着剤が劣化して弱くなってしまった様です。

スプーンは同じ様に木の柄が付いていたのですが、その柄が割れてしまったという事です。元々付いていた木の柄はすごく薄く作ってあり割れてしまってもおかしくないぐらいのモノでした。まぁ、よく出来てるなとは思いますが、ちょっと無理があったのかな、と。スプーンですので水にもふれますし、ある程度力も掛かるし。
これは同じ様なデザインにしてちょっと厚みを持たせて作り直しました。4mm×1.5mmぐらいの穴を堀り、貝で出来た部分を差し込んでいます。細かい作業です。

こういった修理の場合、材料と加工料で修理費用を決めますが、元々の購入価格、そのモノへの思い入れ、、、などに対してそれが妥当なのか、、、これは依頼された方の判断になりますね。

直せるものでしたら直してまた使うことはご本人も直した私もうれしいことなので出来る限りのことはしたいなあ、と思っています。
こだわりがあって直したいものなどご相談ください。

2011-12-04 21:30:57      木工   -  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。