スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:--:--     スポンサー広告   -  
不調続きの続き
この間書きました脚の炎症はほぼ完治。もうひとつの不調の話ですが、

数週間前・・・

『胃がいたい・・・。』

という症状になり、じきに直るだろうと思っていたのですが、、、
面倒ながら医者に行きました。
一応毎年検診は受けているので安心状態。そういえば昨年の検診結果に
『慢性胃炎』とあったことを思い出しました。でも自覚症状は今までなし。

とりあえず、血液検査、心電図をとり、結果を待つことに。
薬を処方してもらい、飲んだら痛みはなくなりました。

先生が「胃カメラ飲もうよ」と。

まぁ、飲んでみてもいいかなと思っていたし、この病院、鼻からいれるやつだって
知っていたので、

「飲みます」と。

で、1週間後血液の検査結果では問題なしでしたが、ピロリ菌保持者だと。
ピロリ菌が原因で胃炎を起こしたのだろうと。で、経鼻内視鏡検査へ。

口から入れるのと比べたら全然苦痛じゃない、という情報はあったものの、
いざ鼻から入れるとなると怖い、、、。
まず、鼻の通りを見る為にφ7~8mmぐらい、長さ15cmぐらいのチューブを
鼻へズブっと。ちょっと抜き差し!!

ちょっと『イタッ、オエッ』

その後ゼリー状の麻酔薬をつけて再び
鼻へズブっと。

ちょっと『オエッ』

ここまで看護婦さん、実に淡々とこなしていきます。
人の鼻にこんなチューブを差し込むってどんな感じなんでしょう。
鼻からチューブがピョンって出てる顔、どんなでしょう。
写真撮ってもらえばよかったな。

数分後実際のカメラを挿入。ここから先生。いくら楽ですよ、とはいえ喉元に入った時は

けっこう『オエッ』

でも我慢できる。するするとカメラが入っていく、十二指腸まで。
気持ち悪い感じ。
モニターを見ながら、先生の説明を聞きながらちょっとの『オエッ』を
我慢しつつ進みます。
一通り見て、所々数箇所検査用にお肉をつまみます。
小さなピンセットの様なものが付いたワイヤーを挿入し、肉、粘膜?を
キュっとつまんで引き抜く!腹の中がチクッと痛い。じわ~っと血がにじみ出ます。
モニターでずっと見てるので良く分かる。
見えるのも良くないかも、、、。

こんな感じで検査終了。やっぱり口から入れるよりずいぶん楽なんだろうけど
まったく苦痛がないということはないですかね。

ながながと書いてしまいましたが、結果問題なし。
ピロリ菌が原因の胃炎。とりあえず様子を見ることに。
しっかり診てもらい安心です。

鼻から入れるのを経験してしまったら、口からなんて絶対無理ですね。
今回限りになるといいですが。



2010-07-22 20:30:15     ●日々のこと    -  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。